システムエンジニアのおしゃれブログ

システムエンジニアでもおしゃれできることを証明するブログ

お肌を守る為に…ボディーソープの選び方

2018年07月03日 13時46分

お肌にかゆみだとか痛みが生じがちな人はドライスキンだと思います。

そんなお肌を放置すると段々悪化します。そのため、痒みだとか痛みがあったときはボディシャンプーを思い切って変更してしまったらいう手があります。日頃から自分自身の汗臭だったり脇の下の臭いを気にしてしまうという状況ならば、臭いケアをメインにしたボディーシャンプーで洗ってみます。

タンニンが配合されたボディソープならば強い消臭力があると言われてますよ。乾燥する時期で、皮膚のかゆみだとか痛みがキツイ時だったらタオルではなく手を使って洗うのも一つのやり方でしょう。満足に洗えてるのかと不安でしょうけれど、いっぱい泡立てたボディーウォッシュのふかふかな泡が肌についた汚れや不要物を洗い流します。

敏感肌の場合は敏感肌用のボディウォッシュだったりミルク配合で添加物ゼロで、薬用のボディシャンプーを使用するといいでしょう。そして固いボディタオルというようなゴシゴシこすって洗うタイプのタオルではよくなくて、皮膚に優しく洗えるタオルまたはボディー用スポンジがよいです。

市販品にだって、天然由来の成分にこだわったボディーソープがあるそうです。

アレルギーの要因になる可能性がある物質をとことん排しているボディウォッシュや赤ちゃんだって大丈夫なものなら、肌が弱い人にもいいでしょう!キレイなお肌の身体になる為には、肌にできるだけ刺激を与えないということ!固く泡立てたボディーウォッシュをボディタオルに含ませて力を込めて身体を擦ると気持ちいいですが、お肌に与えてるストレスについては大きい為止める方がいいです。